俺さま全力の回避、トランプ大統領の口を誰かふさいでくれ!為替、株

こんにちは、先週から予想に反して全力で相場をチェックしているスケロクです。

それは、なぜかと申しますと、全部トランプ、トランプ大統領の口から出る減らず口のビックマウスなのだあ

こちらのニュース

先週末に米バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者らと反対派との衝突について、大統領が「双方の側」に責任があると述べたことが人種差別主義と市場にも波紋を広げている。

企業も抵抗感を覚えたようで、トランプ大統領の製造業諮問委員会と経済戦略フォーラム、更にインフラ整備の顧問になっていた企業のCEOの辞任が相次いだことで、それらは解散を余儀なくされている。企業もイメージがあることから致し方ないのかもしれない。もっとも、辞めるきっかけを以前から待っていたのかもしれないが。

この動きを見て市場は、トランプ大統領の政策運営に再び不信感を強めたようだ。オバマケアの廃案及び代替案を成立させることもできず、今後、税制改革やインフラ整備など市場が期待している本丸の経済政策の法案を成立させて行かなければならない中、トランプ政権の法案成立の実行力に懐疑的な見方が広がっている。

金曜日にはバノン主席戦略補佐官の辞任が伝わったことで、リスク回避の動きは一服した。バノン氏は白人至上主義との関連が指摘され、ホワイトハウス内からも解任すべしとの声が高まっていた。

ただ、市場が懸念しているのはトランプ大統領自身の資質で、北朝鮮問題にしろ、今回のバージニア州の衝突事件にしろ、あくまで“大統領の口”が災いの発端となっている。果たして来週以降、リスク回避の雰囲気がフェードアウトしてくれるのか不安感は残る。

わたくし、岡三証券のくりっく株365を以前から購入していまして、ショートの19450円19350円 2枚ほどありましたが、それがトランプ大統領の口で相場が下がり、2枚のショート刺さり 逆に不安材料だった2枚が決済され10000円の利益で確定いたしました。しか~し、ロングの20030円20070円があります。ダウも2枚ほどロングあるんで、なので24万ほど含み損で いや~ やっぱ日経平均株価も難しいな~ まあ北朝鮮がミサイル打ち込まない限り、これからはミサイルのようにロング上昇だな スケロクのあくまでも予想です。

追伸:ダウ 今がロング買い時だと予想します。ダウはまだ8月の配当金が結構つきます。月曜日23日、火曜日22日はレンジ状態だと思いますが、それ以降は、上昇していくかもしれません。わたしの経験からの判断ですが、みなさんどうでしょうか、しか~し、わたしの有効比率が224%なので、買いたくても「がまん」しますが、余裕のある方はダウのロングを‥あ~軍資金があればな~ みなさま あくまでもスケロクの予想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク