10/24 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

10/24  今日の相場 10:40現在

米ドル(円)    日経平均

 113.34      21,734

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPYは

113.00~113.80円      レンジ継続 下 

日経平均株価は

21700円~22000円  レンジ まだ上に強い

相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

自民党の圧勝で為替が上昇!昨晩は上がりきった状態で114円台から113.20円台まで落ち込みました。外国人投資家がアベノミクスに期待してドル高にしましたが日本経済的に見れば円高がいいわけで、今後は113円台を切り112円台へ移行すると考えます。

日経平均株価は為替に反して22000円台までタッチすると思いますので、まだまだ上昇すると予想します!

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

本日の為替のポジションは、レンジ下降だと予想していますのでショートポジションでよろしいかと思います。

日経平均株価のポジションは、まだまだ上昇気流に乗っているので押し目買いでロングでいいと思われます。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。

本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」

今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

10/24
今日のドル/円の予想レンジ
112.800-114.300円昨日のドル/円は、114.10円前後まで上昇して約3カ月ぶり高値を付けたのちに失速。
NY市場終盤にはストップロスを巻き込んで113.20円台まで下落する場面もあった。
衆院選の結果を受けて開いた日足チャート上の「マド」を早々に埋めた格好で、短期筋の手仕舞い売りが出たと見られる。
ドル/円は、114円台の重さを改めて確認した事で、113円台を中心にもみ合いながら次に進むべき方向を模索する展開となりそうだ。
そのカギは米長期金利が握る事になるだろう。
なお、米10年債利回りの2.4%台は、ドル/円の114円台と同様にこの半年間の抵抗水準だ。
米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事やトランプ税制改革案の行方が注目される。



本日(10/24)相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って下落。NYダウは7営業日ぶりに下落。日本や欧州主要市場が堅調となった流れを引き継ぎ、買い優勢で取引を開始。トランプ大統領が掲げる税制改革の進展に対する期待も支援材料となった。もっとも、金利低下を背景に銀行セクターが軟調に推移したほか、主要企業の決算発表を今週に控えた資本財やハイテクセクターの一角にも売りが広がり、ナスダック指数はマイナス圏に下落。NYダウも下落に転じた。その後も決算発表の本格化や米議会の動向に対する様子見ムードから下値を拾う動きも限定的で、最終的に主要3指数は揃って本日の安値圏で取引を終了した。■日経平均が一休みするなか、個別銘柄物色が強まりそう
本日の日本株式相場は、日経平均が足元15営業日で1,300円超上昇した反動などが意識され、朝方は利益確定の動きが優位となりそうだ。日経平均先物が一時21,800円を超えた後、21,600円台前半まで押し戻されたことを見る限り、高値警戒感は根強そうだ。もっとも、下値では、買えていなかった投資家を中心に押し目買いが入るだろう。売り一巡後は下げ渋る展開を想定する。また、昨日は出遅れていた化学セクターなどが動きだしたほか、東証1部の値上がり銘柄数が1,600を超えるなど、物色対象の裾野が拡大し始めた。新興市場株が一段高となるなど、個人投資家が中小型株を物色する動きも活発化し始めている。今後は日経平均がもみ合うなか、個別株物色の動きが一段と強まりそうだ。なお、今回の決算発表は10月31日と11月10日に決算発表数のピークを迎える。地合いは引き続き良好であるものの、衆院選を通過し、マクロ面での手掛り材料が乏しいこともあり、日本株市場は次第に個別株の決算内容を睨んだ動きとなるだろう。

下のボタンをクリックして頂けるとうれしいです!(‘◇’)ゞ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。