11/28 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:00現在

(USD/JPY)  日経平均株価
111.13 22,575

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
110.80 ~ 111.60 円
レンジ継続 やや↓
日経平均株価
22,500円 ~ 22,800円
 レンジ継続 やや↑ 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円は、1101.80円まで下がりましたが、徐々に元にもどり今朝には111.20円台になりました。今後、上昇すると思われますが、まだまだ不安定な状態もありますので、円高傾向に戻る可能性もあります!

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は現時点で111.20円、上昇する要素が小さいので、円高、戻り売りの戦略で上がったらショートポジションでよろしいかと思います。

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価は、現時点では22500円台をキープしています、こちらは、レンジ状態で推移していますので、昨日と同じく22600円台に回復すると思われます。こちらは為替と逆で下がったらロングポジションを持ち、こまめに利確していく戦略でよろしいかと思われます。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

11/28
今日のドル/円の予想レンジ
110.500-111.700円昨日のドル円は110.80円台まで下値を切り下げて9月15日以来の安値を付ける場面があった。
ただ、トランプ米大統領が税制改革法案について「順調に進捗している」とツイートすると111円台を回復するなど、同法案に対する市場の関心の高さが覗えた。
同法案は昨日から米上院での審議が再開しているが、本日はトランプ大統領が上院共和党の定例昼食会に出席する。
30日にも採決が行われる可能性があるとされており、審議の行方が目先のドルの値動きを左右する公算が大きい。
その他、本日は米上院の承認公聴会に出席するパウエル次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長候補の発言も注目されそうだ。
なお、ドル/円のチャート上の下値ポイントは日足一目均衡表の雲下限110.709円。一方、上値ポイントは200日移動平均線の111.693円



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数はまちまち。米年末商戦が好スタートを切ったとの見方が追い風となり、朝方の米国株は買いが先行した。小売株の一角やアマゾン・ドット・コムなど関連銘柄の上昇が目立ち、主要3指数が揃ってザラ場高値を更新する場面も。一方、需給改善期待の後退から原油先物価格が下落し、エネルギーセクターが軟調に。加えて、北朝鮮がミサイル発射を準備中と伝わったことや米税制改革法案に対する不透明感が強まったことから、午後にかけては警戒ムードが優勢に。ナスダック指数とS&P500指数は下落に転じた。もっとも、安値圏ではディフェンシブ関連に押し目買いが入り、徐々に下げ渋った。最終的にNYダウはプラス圏を維持して取引を終了した。

■欧米市場は一部でさえない動き。海外要因が上値抑えるか
今日の日本株相場は、相対的に底堅い動きとなった米国株市場を背景に寄り付きの下落幅は限定的となるだろう。ただ海外の不透明要因が意識され、取引時間中は方向感に欠ける展開となりそうだ。仮に中国株安や北朝鮮動向に関する続報が入れば、やや下押す動きも想定したい。ただ、これまで北朝鮮リスクで下落した局面は結果的に日本株の買い場となっていたことから、過度な警戒感は不要だろう。

■個人の資金が下支えに
こうしたなか、日本企業の利益拡大に対する期待に加え、需給面では個人の豊富な待機資金が相場の下値を支えるだろう。好業績株の押し目は“拾い場”と捉えたい。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク