11/29 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:00現在

(USD/JPY)  日経平均株価
111.62 22,686

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
111.40 ~ 112.00 円
レンジ継続 ↑
日経平均株価
22,500円 ~ 22,900円
 レンジ継続 やや↑ 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円は、111.20円で推移していましたが、今朝には111.60円台になりました。北朝鮮がミサイルを今朝の3時に発射しましたが、Jアラームはなりませんでした。このミサイルは今までの中で一番、高度が高く飛んだそうです。ミサイルの影響で為替には一時的に下がりましたが、全然影響がなかったみたいです。今後の展開ですけども、、本日は22:30に米国7-9月期GDP改定前回3.0%予想3.2%、24:00からはイエレン米FRB議長の議会証言などがあります。米国の経済状況がいいので、本日は上昇!していくと思われます。

Jアラーム投資法 ↓

あ、やっぱり、下がっているね、利確!そのまま、ロングをポジ会社に行き、ん、これ、前回もミサイルで利確したな!とあ、Jアラートなったら、ショートでポジすると結構、確実性があるな、これJアラート投資法か、これいいかも!
本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は現時点で111.60円、上昇する要素が大きいので、円安、今の時点からロングポジションでよろしいかと思います。利確は112円になったら決済した方が無難だと思います

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価は、22600円台をレンジ状態で推移しています。北朝鮮の地理的問題が解決したわけではないですが、経済的には下降の要素がないので、ロングポジションでよろしいと思います。昨日の相場を見る限りレンジ状態が大きいです、こまめに利確致しましょう!

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

11/29
今日のドル/円の予想レンジ
110.800-112.100円昨日のドル円は111円割れから小反発。
東京市場では110.90円台に弱含む場面もあったが、NY市場に入ると米経済指標の好結果や米税制改革の協議進展を受けて111.60円台まで上昇した。
日本時間午前3時過ぎに北朝鮮がミサイルを発射したと報じられたが、円買いの反応は一時的かつ限定的だった。
ドル/円相場は110円台後半でひとまず底を打ったようにも見える。
ただし、昨日も200日移動平均線付近で頭を押さえられるなど、上値の重さを払拭できていない。
本日も、上昇基調への足がかりとなる200日移動平均線(執筆時111.686円)を回復できるかが焦点のひとつだろう。
材料面では、米7-9月期GDP改定値(22:30)、イエレン米FRB議長の議会証言(24:00)などが注目される。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って史上最高値を更新。欧州株式の上昇を引き継ぎ買い優勢で取引を開始。エネルギーやテクノロジー株が相場をけん引するなか、引き続き年末商戦期待で小売関連株にも買いが集まった。また、10時発表の消費者信頼感指数(11月)が市場予想を上回ったことも追い風に。その後、指名公聴会でパウエル次期FRB議長が規制による銀行負担の軽減を提案したことで、銀行株を中心に上げ幅を拡大。午後にかけても勢いは変わらず、資本財や素材株など幅広いセクターに買いが入った。しかし、13時半頃の北朝鮮によるミサイル発射との報道をきっかけに急速に上げ幅を縮小、ナスダック指数は一時マイナス圏へ。もっとも、地政学リスクを警戒した売りは長続きせず、すぐに切り返した。15時頃には、上院予算委員会が税制改革案を可決したことから、再び上値を追う展開となった。

■反発スタートも鬼門の22,600円台を超えられるか
今日の日本株相場は反発となりそうだ。米国株高を受けて朝方は買い先行となろう。ただ、ドル円の反応が鈍いうえ、直近上値の抵抗帯となっている22,600円近辺でスタートするとみられ、寄り後に上値を伸ばせるかどうかに注目したい。

■出遅れ感のあるディフェンシブセクターを物色する動き
材料株や中小型株が上昇一服となるなか、小売やゼネコン、ヘルスケアなどのディフェンシブ系に物色が向かっている。10月からの上昇相場では出遅れ感があるうえ、需給面での妙味もあるだろう。ドル高円安が進みにくい地合いとなっており、内需系に見直し買いが続くかどうか注目したい。そのほかでは、人材関連に高値を更新する銘柄が目立ってきた。また、米金融株高を受けて、このところ底堅く推移しているメガバンクなども物色されるだろう。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク