12/4 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:30現在

(USD/JPY)  日経平均株価
112.72 22,817

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
112.20 ~ 112.80 円
レンジ継続 ↓
日経平均株価
22,700円 ~ 23,000円
 レンジ継続 やや↓ 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

先週は、今年の最後の月に入り為替も株価も上がりました。今週は、いろんなニュースで相場が大きく変動しますが、最終は上昇いたしますので、為替も株価もロングポジションでよろしいかと思います。

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は現時点で112.70円、ニュース的には上昇と予想しますが、ロシアゲートのニュースのたびに、為替が反応するので、今日の時点では、レンジ状態の↓の方向

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価は、先週から23000円台に届きそうな勢いですが、今日のところはまだまだレンジ状態だと思われます為替の変動で株価が動きますので、為替の状況を見ながらの取引で様子見をした方が無難かもしれません!

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

12/4
今日のドル/円の予想レンジ:111.900-113.300円1日のドル円は、悪いニュースと良いニュースに振り回されて乱高下した。
悪いニュースは新展開を迎えたロシアゲート問題だ。
ロシアとトランプ陣営の共謀疑惑に絡んで訴追されたフリン前大統領補佐官が、ロシアとの接触はトランプ氏の指示によるものだったと証言する見通しと報じられた。
ドル円はこの報道で111.40円前後まで1円以上急落。
その後流れた良いニュースは、米上院が税制改革法案の可決に必要な票を確保した事であり、この報道によってドル/円は反発。
2日の上院本会議で税制改革法案が実際に可決された事を受けて、今朝は1日の急落前の水準である112円台後半へと値を戻している。
今後、米国政治の闇と光のどちらにスポットが当たるかによってドル/円の相場展開は大きく変わる公算が大きく、目先的にニュース・ヘッドラインに振り回されやすい流れが続きそうだ。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って下落。マイケル・フリン前大統領補佐官がFBIに虚偽の供述をしたことを認めたほか、一部報道で、同氏がトランプ大統領自身が大統領就任前にロシア側と接触するように指示したことを証言をする用意があると報じた。これを受けて主要3指数は急落。NYダウの下げ幅は一時350ドルを上回った。ただ、売り一巡後は下値では押し目買いが入ったことに加えて、共和党のマコネル上院院内総務が「上院の税制改革案について可決に必要な票を確保している」と述べるなどし、税制改革の進展に前向きな見方が広がり、午後にかけて全体相場は買戻しが優勢に。取引終盤にかけても全体相場は下げ幅を縮小し、最終的に主要3指数は小幅安で取引を終了。NYダウは6営業日ぶりに反落。

■「ロシア」疑惑も税制改革進展が支え。円下落も緩衝材に
今週の日本株相場は、米政治および経済指標の動向をにらみながらの展開となりそうだ。日経平均は米国株次第で23,000円台をうかがう可能性もあるだろうが、今週末にはメジャーSQの算出を控える。週央は先物の思惑売買によりボラタイルな動きが想定され注意を要するだろう。ただ、今週から来週にかけての一連の国内外の重要イベントを通過すれば、日本株は年末株高に向けて再び騰勢を強めるだろう。今週は我慢の週となりそうだが、足元波乱の半導体株等に関しては良い「買い場」となりそうだ。

なお、本日の日経平均に関しては先週末にかけての上昇の反動もあり、売り優勢で取引を開始しようが、朝方は円安気味に推移しており、米株安の悪影響は限定的とみられる。「ロシアゲート」疑惑により、米税制改革法案が頓挫しなければ、市場への影響は限られるだろう。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク