12/6 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:00現在

(USD/JPY)  日経平均株価
112.48 22,579

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
112.20 ~ 112.80 円
レンジ継続 方向感無し
日経平均株価
22,400円 ~ 22,700円
 レンジ継続 やや↑ 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替相場は、何も変化なくレンジ状態が続きました!金曜日の雇用統計を控えての様子見状態ですが、本日と明日で、どっちに転ぶかをある程度予想立てていた方がよろしいかと思いますが、逆に、雇用統計の発表が終了してからの注文でもいいと思われます。

ちなみに、12/8金曜日に発表される雇用統計は前回26.1万人予想は19.9万人と前回より低い状態になります。

昨日の日経平均株価も、為替と同様にレンジ状態が続いています。日本株もこれと言った材料もなく、為替と合わせて動いております。

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は現時点で112.48円、昨日と同様にレンジ状態が明日まで続くと思われますので、ポジションを取るのでしたら、こまめに利確で決済した方がよろしいかと思います。

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価は、為替と同じですが、方向感は上昇の方、下がったら買う戦略でよろしいかと思います。しかしどのくらい下がるのかわからないですが、ほとんど気持ち程度22.500円あたりまで下がったらロングに指値の注文を入れておけばいいと思います。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

12/6
今日のドル/円の予想レンジ:111.900-113.100円昨日のドル/円は112円台で方向感なくもみ合った。
米税制改革への期待がドルを下支えした一方、主要株式市場が調整含みの動きとなったため円も底堅かった。
本日のドル/円も同様の展開となりそうだ。
米税制改革法案の一本化に向けた両院協議会や、米11月雇用統計および米連邦公開市場委員会(FOMC)など、今週から来週にかけて続く重要イベントを前に様子見ムードが広がりがちだろう。
なお、本日のNYタイム(22:15)には米11月雇用統計の前哨戦と位置付けられる米11月ADP全国雇用者数が発表される。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って下落。NYダウはプラス圏で寄り付いたものの、足元で顕著だったバリュー株への資金流入が一服し、徐々に売りに押される動きに。一方、前日まで続落していたナスダック指数は、テクノロジー株に押し目買いが入り、朝方から堅調に推移し、上げ幅は一時60ポイントを上回った。ただ午後にかけて、金利低下を嫌気して金融セクターがマイナス圏での推移となったほか、大きく反発していた半導体関連株が上げ幅を縮小するなどし、全体相場は徐々に下押し圧力が強まった。取引終盤にはナスダック指数を含めて主要指数はマイナス圏で推移した。

■下落スタート後は週末のイベントを控え様子見ムードか
今日の日本株相場は、昨晩の米国株相場で主要3指数がそろって下落したことを受け、売り優勢でスタートしそうだ。その後は、国内で目立った材料がなく、週末に米国で雇用統計発表や債務上限の適用停止期限到来などを控えていることなどから、様子見ムードが強まる展開か。もっとも、週末のメジャーSQを控え、仕掛け的な動きには警戒が必要だろう。

■内需関連株や12月決算企業の配当取りの動きに注目
昨日は、三菱UFJが10連騰となるなど銀行株や鉄鋼、海運などの金融・バリュー株に資金が流れる動きが続いた。鉄鋼や海運などは業績改善期待もあり、底堅い動きが続く可能性はあるだろう。また、内需関連株も強い動きを続けており、その中で食品関連や百貨店、ドラッグストアなどの小売に注目。その他では、12月期決算企業の期末配当取りの動きにもそろそろ気になるところだ。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク