12/14 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:00現在

(USD/JPY)  日経平均株価
112.74 22,841

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
112.60 ~ 112.90 円
レンジ継続 やや↑ 
日経平均株価
22,700円 ~ 22,900円
 レンジ継続 やや↓ 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替は、FOMC発表後、112.50円まで急降下しました!ただこれは一時的な事で、今日のうちに回復すると思われます。

日経平均株価は為替につられて一時下降しましたが再度持ち直しております!現在は22840円で推移。株価の方はこのまま変わらずでレンジ状態が続くと思われます。

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は、FOMCの発表で下降しましたが、今日はそれを持ち直すと予想しますので、ロングポジションでよろしいかと思います。

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価、現時点では22800円台、これと言った材料がございませんが、やや上昇傾向です!レンジでもみ合いになりますので、こまめに取引してコツコツ利確して増やしていきたいところです。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

12/14
今日のドル/円の予想レンジ:112.300-113.400円昨日のドル/円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ発表後に112円台半ばまで反落した。
米11月消費者物価指数の伸びが弱く売り優位の展開となっていたドルは、2人のFOMCメンバーが利上げに反対していた事などから下げが加速した。
もっとも、FOMCは来年のインフレ見通しと利上げ見通し(0.25%の利上げを3回)を維持しており、発表後のドル安加速には意外感もある。
利上げに2人の反対が出た事はやや驚きではあったが、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁とエバンズ・シカゴ連銀総裁は、ともに来年には投票権を失う輪番メンバーだ。
従来から追加利上げに消極的な発言を繰り返していた事も良く知られている。
昨日のドル/円の下げは短期筋の手仕舞い売りが主導した可能性が高いと見ており、尾を引く事はないだろう。
週足一目均衡表の雲(執筆時112.472円)や52週移動平均線(執筆時112.236円)などのサポートが期待できる112円台では中長期投資家による一定の買い意欲が見られそうだ。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数はまちまち。NYダウは連日の史上最高値更新。アラバマ州上院補欠選挙で共和党が議席を失ったものの、税制改革の進展期待が高まり、買い優勢でスタート。前日下落したテクノロジーが反発するなど幅広いセクターに買いが入った。一方、消費者物価コア指数(11月)が市場予想を下回ったことを受けて金利が低下し、金融セクターは売りが膨らんだ。また、欧州時間では堅調推移した原油相場がマイナス圏入りし、エネルギー株も下落。中盤では、テクノロジーやヘルスケアセクターが騰勢を弱め、全体相場は上げ幅を縮小。ただ14時のFOMCの結果発表がハト派的となったことを受け、株式市場は再度上げ幅を拡大。FOMCでは、18年のGDP成長率見通しを引き上げた一方、インフレ・金利見通しを維持した。終盤では、一部で利益確定売りが出たことで、主要3指数はまちまちで取引を終えた。

■方向感に欠ける相場展開となろう
本日の日本株相場は、もみ合い推移となりそうだ。NYダウは上昇したものの為替市場で円高が進行していることで、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始するだろう。ただ、今晩は欧州でECB理事会を控えていることから、次第に様子見ムードも広がりやすく、下げ幅も限定的となりそうだ。前場の状況次第では日銀によるETF買いも期待され、株価の下支え要因となりそうだ。もっとも、日経平均は節目の23,000円を前に力強さに欠けており、12月に入り日経平均は2度、23,000円の壁で跳ね返されている。追加の材料待ちの展開となり、当面22,500~23,000円での動きが続きそうだ。

■変化した物色動向が続くかどうかに注目
昨日の日本株市場で目立った動きは三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株をはじめとする金融株が引き続き強い動きを見せたことだ。そのほか、トヨタやホンダなどの自動車株も比較的強い動きとなった。金融株、自動車株、その他バリュー株はこれまで物色の圏外に置かれていたことから、現状の動きは出遅れ物色と見る向きも多かったが、押し目のチャンスもないまま、三菱UFJFGは約2年ぶりの高値まで上昇した。米金利低下にも関わらず本日も金融株・バリュー株物色の動きが続くようであれば本格的に物色動向が変化する可能性があるため、注視したい。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク