12/19 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:00現在

(USD/JPY)  日経平均株価
112.56 23,009

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
112.20 ~ 112.90 円
レンジ継続 
日経平均株価
22,700円 ~ 23,000円
 レンジ継続 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円は、112円半ばで推移、変化なくレンジ状態、今日も変わらずレンジだと思われます。米国で税制改革法案が成立されるとドル買いが強くなり113円を一気突き抜ける予感がします。

昨日の日経平均株価は、じわじわと上昇し23000円台まで到達しました。今日は達成感からレンジ状態が始まりとりあえずは落ち着くと思われます。ダウ平均株価も好調なので、ダウも確認しながらの取引をお薦めします。

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は、米国で税制改革法案が成立の状況しだいでは113.00円あたりまで期待できます。ニュース的にはロングポジションでよろしいかと思われます。

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価は現時点では23000円台、ダウ平均株価より先行してますが、ダウも好調なので今後もそのまま上昇していくとおもわれますのでロングでよろしいかと思います。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

12/19
今日のドル/円の予想レンジ:112.000-113.100円昨日のドル/円は上値が重かった。
米株高と米長期金利上昇という好環境にあっても112円台半ばで伸び悩んでおり、朝の水準を回復できずに小陰線引けとなった。
クリスマス休暇を前に市場が動意を欠く中、投機筋の既存円売りポジション縮小の動きがドル/円の上値を抑えているようだ。
日足一目均衡表の転換線(執筆時112.889円)や、節目の113.00円付近では本日も戻り売りが出やすいと考えられる。
一方で米国株の主要3指数が揃って終値ベースで史上最高値を更新するなど、米税制改革法案の成立を睨んで市場センチメントは良好だ。
ここ2週間で3度も下げ止まった112.00円前後は引き続きサポートとして機能するだろう。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は続伸し、揃って史上最高値を更新。ナスダック指数はザラ場中に7,000ポイントを初めて突破。早ければ週内にも税制改革法案が成立するとの期待から、買い優勢で取引開始。金融やテクノロジー、一般消費財など幅広いセクターに買いが入った一方、公益株は軟調推移となった。NAHB住宅市場指数(12月)が市場予想を上回り、18年ぶりの高水準となったことも米国株の追い風に。中盤にかけては、特段の材料がないなか、一部銘柄に利益確定の売りが出たものの高値圏を維持して推移。終盤は、様子見姿勢が強まり小動きに。最終的に主要3指数は揃って上昇し、連日の史上最高値更新。

■日本株の先高観が一段と強まるかに注目
本日の日本株相場は底堅い動きとなりそうだ。22日に期限を迎える米暫定予算や20・21日の日銀会合を控えているほか、海外投資家のクリスマス休暇入りを前に、様子見気分が高まる可能性はある。ただ、外部環境は良好なため、朝方に節目の23,000円を一気に抜けてくると、日本株の先高観が一段と強まりそうだ。

■金融・バリュー株が再始動か
昨日はソニーや東京エレク、アドバンテストなどのハイテク株が強い動きとなったが、より特徴的であったのは、金融・バリュー株の動きだろう。バリュー・グロース株の相対比較を見ると、昨日はバリュー株が強い動きとなった。バリュー株物色は出遅れの域を出ないとの向きもいまだ多いが、日銀の金融政策変更に対する思惑が生じているなかで、本格的に物色動向が変化した可能性が高いとみられる。ソニーなどの超優良株を中心に置きつつも、バリュー株にも機動的にシフトできるように準備しておきたい。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク