12/25 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 10:30現在

(USD/JPY)  日経平均株価
113.32 22,959

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
112.40 ~ 113.00 円
レンジ継続 ↓ 
日経平均株価
22,700円 ~ 23,000円
 レンジ継続 ↓ 
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

本日の為替は、世界的にクリスマス休暇で相場的には、ほとんど動きがないでしょう。為替ドル円は113.30付近で小幅のレンジ状態で、株価もそれにともなって、22900円~23000円の中で小幅のレンジ状態になると思われます。

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円は、113.10円~113.50円でレンジ状態、ポジションがあるのでしたら利確してポジションを減らしていきましょう!

日経平均株価のポジション戦略!

日経平均株価は現時点では22900円台、23000円付近まで上昇はしますが、すぐに戻されると思われます。ポジションを狙うとしたら戻り売りでよろしいかと思われます。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

12/25
今日のドル/円の予想レンジ:113.100-113.400円本日はクリスマスにつき欧米主要市場がほぼ休場となる。
オセアニア・アジアでも、日本や中国を除いて祝日の国が多く、為替市場は閑散とする公算が大きい。
なお、昨年のクリスマス(振替休日の26日)のドル/円は36銭ほどしか値幅が出なかった。
本日のドル/円も、日本株や上海株が大きく動かない限り、113円台前半を中心とした小幅なレンジ内で推移する事になるだろう。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って下落。前日の夜、米上院が下院に続き来年1月19日までの暫定予算を可決し、政府機関の閉鎖が回避されたものの、寄り前に発表された米 経済指標がまちまちの内容となり、朝方の米国株は前日比横ばいの水準で取引を開始。11月の新築住宅販売件数が市場予想を大幅に上回ったことが支援材料となる場面もみられたが、クリスマスの連休を前に利益確定売りが入りやすく、じり安の展開に。また、トランプ大統領が暫定予算案と税制改革法案に署名したものの、相場への影響は限定的でNYダウはその後もさえない動きに。もっとも金利の上昇が一服するなか、不動産や公益セクターなどが上昇したほか、資源関連 セクターがしっかりの推移となり、相場全体も下げ幅を縮小。最終的に主要3指数は揃って小幅安で取引を終了した。

■年末株高への期待高まり、日経平均は上値を試す展開へ
今週の日本株相場は好地合いが継続し、年末株高が見込める展開となりそうだ。アベノミクス相場以降の年末5営業日で、日経平均の上昇率は平均+0.9%となっている。過去10年でみれば、10回中7回、年末5日間は上昇。米税制改革法案成立に加え、年明けの米インフラ投資計画進展期待などを追い風に、今年も上値を試す形となりそうで、日経平均は壁となっている23,000円処を突破し、10月につけた23,300円台をうかがう格好となりそうだ。

足元、海外勢は5週連続で日本株を売り越しているが、TOPIXは節目の1,800ポイントを明確に上抜けており、先高期待は大きい。目先はメガバンクなどの金融株が相場の軸となりそうだ。

■小売決算に注目しつつ、米金利動向への目配り必要
今週は小売の主力企業の決算発表にも注目したい。本日が高島屋で、明日がJフロントとなっているが、訪日客の旺盛な需要や株高による高額品の好調な売れ行き等により、好決算が期待されている。発表後の株価反応に注目が集まるだろう。

そのほか、米金利の動向が注目。足元では、米長期金利が上振れし始めている。過度に上昇した場合、市場が嫌気する可能性もある。米金利動向には十分な目配りが必要だろう。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク