2/20 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 9:00現在

(USD/JPY)  日経平均株価
106.66 22,145

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
105.80 ~ 106.80 円
 レンジ継続 ↓
日経平均株価
22,000円 ~ 22,400円
レンジ継続 →
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円は、一時106.20円台でしたが106.60円台に推移しています。今後は、このままドル高になると思われますが、まだ、油断がなりません、週末のイベントが大きなカギになります。また105円台に戻るかもしれません!

昨日の日経平均株価は、22150円まで回復してレンジ状態です。ダウ平均株価も上昇していましたので、22000円台で落ち着く感じがします。急激な円高が無い限り22000円台でキープできると思われます

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円の戦略は、週末の事が考えて、ちょっと不安ですがロングでよろしいかと思われます。まあ、下がったら買うという戦略!

日経平均株価のポジション戦略!

本日の日経平均株価の戦略は、これから上昇が期待できるので今週はロングでいいと思われます!

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

2/20
今日のドル/円の予想レンジ:106.000-107.300昨日のドル/円は東京タイムに106.10円前後まで小緩む場面もあったが、ロンドンタイムには106.70円台へ反発。
NYタイムは米株式・債権市場が休場とあって小動きが続き106.60円前後でクローズした。
16日の安値(105.546円)からは1円余り反発した事になるが、依然として5日移動平均線を下回っており、単なる自律反発の可能性も排除できない。
2017年安値107.32円前後を上回るまで底入れの判断は保留せざるを得ないところで、本日の動きが重要となりそうだ。



本日 相場見通し 岡三証券

■買い戻しは継続へ。地合い落ち着きで割安感を意識か
本日の日本株相場は引き続き戻りを試し、売買一巡後は4日続伸の展開が見込めそう。昨晩は米国市場が休場で手掛かり材料不足感が否めないほか、為替相場も1ドル=106円台半ばで膠着感が強く、日本の輸出企業の業績に対する悪影響が払拭できる水準にはない。しかしながら、日経VIの5日続落などにみられる市場参加者の不安心理の後退や、需給面での追い風、さらに相場が落ち着きを取り戻し始めたことにより、日本株の割安感が意識され始めると想定される。空売り比率は1/25から17営業日連続で40%超と高止まりしているほか、日経平均の予想PERは13.2倍と割安感が際立っており、買い戻しの流れが継続しそうだ。

■本日は材料難のなか、週内の日米イベントに注目
今後は米国でFOMC議事録の公表(22日)やNY連銀ダドリー総裁の講演(23日)など週末にかけて注目イベントが控えている。1月のFOMCではインフレ見通しを引き上げたことから、強気見通しが示されるのは想定内とみられる。より注目したいのは連銀総裁の発言だ。米インフレや利上げ見通しに安心感が得られれば、長期金利の動きが一段と落ち着き、株式市場にも支援材料となりそう。一方、国内では23日に消費者物価指数(1月)が、来週26日には景気動向指数が発表される。好調な景況感が確認されれば、長期金利上昇による金融株の買い戻しなども見込めよう。保険・銀行などは業種別の空売り比率が高水準にあり、イベントに際して注目したい。

■好業績銘柄のほか、訪日や海外進出などもキーワードに
こうしたなか、個別銘柄を選別する上でのキーワードは引き続きリクルートや東海カなどの「好業績株」。特に資生堂などの化粧品株に関しては、春節休暇入りによる販売増加の思惑や、明日公表の訪日客数などが手掛かりとなりそうだ。中小型ではKHネオケムやテイカ、アイスタイルなどに注目。業績・テーマ以外では、全体相場が神経質な展開となった裏で、新たな材料がみられた銘柄に追随したい。海外展開を進めるエムスリーやコシダカHDは長期的に利益成長が望めそう。ひとまず業績悪化を織り込んだトリドールHDも、再度海外進出が評価されるか注目される。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク