2/21 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 10:30現在

(USD/JPY)  日経平均株価
107.58 22,181

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
107.20 ~ 107.90 円
 レンジ継続 ↑
日経平均株価
22,000円 ~ 22,300円
レンジ継続 →
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円は、106円台から107台に上昇しています。今の時点で107.60この先、108円台まで伸びそうな勢いです!今日のイベントが大きなカギになります。また106台に戻る事も入れておいて、損切りの設定は忘れずにしたいと思います。

昨日の日経平均株価は、22150円で下方気味です。昨日からゆるい下り坂みたいに推移しております。為替が調子づいてきたので、今後は上昇していくと期待しています。

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円の戦略は、ロング方向ですが、本日のイベントまでちょっと様子見をした方がいいかもしれません。

日経平均株価のポジション戦略!

本日の日経平均株価の戦略は、チャートはレンジ状態ですが、下降気味なので、今日のところは様子見をしていた方がいいかと思われます。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

2/21
今日のドル/円の予想レンジ:106.600-107.900昨日のドル/円は米長期金利の上昇を支えに107円台前半へと続伸。
一時崩れていたドル/円と米長期金利の相関はここにきて戻り始めたようだ。
そうした中、本日は米5年債入札(27:00)と米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(28:00)に注目したい。
米債入札については、米政権の大規模減税などで今後の供給過多への懸念がくすぶっており、価格下落(=利回り上昇)圧力が強まりやすい地合いにある。
また、FOMC議事録は声明でインフレ判断を引上げた会合の議事要旨のため、利上げに前向きなタカ派的な見解が示されると見るのが自然だろう。
いずれも米長期金利の上昇に繋がりやすいイベントと言えそうで、株価が大崩れしなければドル/円のサポート材料になる可能性がある。
日足一目均衡表の転換線(107.426円)を突破できれば、108円台の回復を視野に入れた展開となりそうだ。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
連休明けの主要3指数は揃って下落。NYダウとS&P500は7営業日ぶりの下落となった一方で、ナスダック指数は続落した。朝方は、米企業の失望決算やロシア問題に対する不透明感が重しとなり、売り先行で取引を開始。NYダウ構成銘柄のウォルマートが、寄り前発表の決算でEコマース事業の減速や市場予想以下の利益見通しを示したことから大幅安となり、指数を押し下げた。一方で、テクノロジーや金融セクターなどが物色されたことから、ナスダック指数やS&P500はプラス圏に浮上し、しっかりの推移となった。もっとも、米金利やドルの上昇トレンドを背景に、通信や公益セクターなどの好配当株が軟調だったほか、ドル高が逆風となりやすい資源関連セクターにも下落が目立ち、徐々に売り優勢に。午後に入ってS&P500が下落に転じ、取引終了1時間ほど前にナスダック指数もマイナス圏に沈んだ。NYダウは一時335ドル安となるなど、引けにかけても売り優勢のムードは変わらず、そのまま主要3指数は揃って下落で取引を終了した。

■当面は個別株の銘柄選別が重要な局面が続こう
本日の日本株相場は、祝日明けの米国株の下落を受けて軟調な展開となりそうだ。NYダウの下落は決算発表をきっかけにウォルマートが急落となったことが主因(ダウを70ドル超押し下げ)だが、長期金利の上昇が続くなか依然として予断を許さないだろう。日本株についても、昨日は日経平均が200円以上下落するなど、先物主導で不安定な動きとなっている。直近の下落幅が大きかったことから、需給面の日柄調整にはやや時間を要するとみられ、“病み上がり状態”が続きそうだ。一方、指数の脈絡のない動きとは対照的に、円高の影響を受けづらい内需関連株や好業績の中小型株には個別でシッカリと物色が向かっていることも事実。相場全体の先行き不透明感が強い状況であるからこそ、個別では業績面などを裏付けに銘柄選別が重要となりそうだ。

■大型・中小型株を問わず好業績銘柄を溜め込みたい!
上昇トレンドに回帰していくなかで、より大きな戻りが期待できるのは、大型・中小型株を問わず好業績などを裏付けとした銘柄だろう。エス・エム・エス、エムスリー、コーセー、コマツなどを中心に好業績銘柄を溜め込みたい。そのほか、LINK&MやインベスターCなど今期の業績拡大見通しが示された12月期決算銘柄、タカラバイオやペプチドリームなど業績面の裏付けがあるバイオ株にも注目。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク