2/27 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 10:30現在

(USD/JPY)  日経平均株価
106.88 22,563

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
106.50 ~ 107.20 円
 レンジ継続 →
日経平均株価
22,000円 ~ 22,300円
レンジ継続 やや↑
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円ですが、107円台だと思いきや、また106円台に逆戻り、方向感がまったくありません。今週はレンジ状態で推移すると思われます。まあレンジ状態が一番稼ぎやすいと言われていますが、なかなか難しいですね!

昨日の日経平均株価は、意外と上昇していきました!何も根拠がありませんが、いつもでも低位置は、嫌気がさしたかもしれません!

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円の戦略は、レンジ状態なので、戻り売りが下がったら買うとかそんなイメージで小まめに利確した方がよろしいかと思われます。

日経平均株価のポジション戦略!

本日の日経平均株価の戦略は、上昇気流に乗ってロング、そろそろ大きく上昇してもいいんじゃないですかね

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

2/27
今日のドル/円の予想レンジ:106.300-107.800円本日は、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言(24:00、下院金融サービス委員会)が最大の注目イベントだ。
議長就任後初めての議会証言とあって、市場は新生FRBの政策スタンスに注目している。
イエレン前議長と同様に緩やかな利上げ継続の正当性を強調する公算が大きいと見られており、そうであれば市場の反応も限られる見込みだ。
このあたりは、証言に先立って22時30分に発表される原稿で確認できよう。
一方で、(可能性は低いと見るものの)リスクがあるとすればパウエル議長のタカ派発言だろう。
仮に景気過熱やインフレ加速への懸念に言及すれば、当人にその気はなくとも、市場がタカ派的と受け止める可能性もある。
この場合は、株式市場への影響も気になるところだろう。
その意味では、証言の後に行われる質疑応答のほうが重要と言えるかもしれない。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って上昇。朝方発表された新築住宅販売(1月)などの経済指標は市場予想を下回ったものの、長期金利が低下していたことを好感して主要3指数はプラス圏で取引を開始した。その後、テクノロジーや金融などの主要セクターに資金が流入し、米国株式相場はジリジリと上げ幅を拡大する展開に。NYダウやS&P500指数がナスダック指数に続いて25日移動平均線を上回って推移したことも買い安心感に繋がった。原油価格がプラス圏に浮上したことなども追い風となり、午後に入ると主要3指数は買いの勢いが強まり一段高の展開。NYダウの上げ幅は一時420ドル余りとなる場面があった。翌日にパウエルFRB議長の議会証言を控えて、引けにかけてはやや伸び悩んだものの、主要3指数は本日の高値圏で取引を終了。NYダウとS&P500指数は3営業日続伸となった。

■「イベント通過後」のアク抜けを意識した動きに
欧米株高の流れを引き継ぎ、本日の日本株相場は堅調推移となりそうだ。パウエル新FRB議長の議会証言を前に、通常であれば買い一巡後は様子見ムードが強まり易いが、良好な米経済指標などを背景に利上げペースが加速するとの見方が織り込まれつつあるほか、パウエル議長による「一段の」タカ派発言は限られると考える。むしろ、昨晩行われたドラギECB総裁の議会証言のように無難に通過するとの見方が広がりそうだ。

■戻り歩調を辿る主力株の動向に関心が高まろう
物色の方向性にも変化が見られつつある。指数の戻りが鈍い中、足元は中小型株が中心となって物色されていたが、昨日は主力株の一角を買い戻す動きが散見された。加えて、3月末に向けて商社株など利回りの高い銘柄の配当取りを狙った買いも活発化しつつある。また、高値を更新する東証1部銘柄が徐々に増加している点にも注目。引き続き人材関連やバイオ株をはじめとしたテーマ株、弁護士コムやワークマン、Ciメディカルなど中小型株の強い動きに追随しながらも、ソニーや日立建、ヤマトHDなど、25日MA水準を奪回し戻り歩調を辿る大型株の動向にも目を配りたい。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク