3/29 スケロク為替予想&ポジション取り ドル/円 日経平均株価

今日の相場 10:30現在

(USD/JPY)  日経平均株価
106.70 21,397

スケロクの今日の予想レンジ

USD/JPY
106.60 ~ 107.20 円
 レンジ継続 ↑
日経平均株価
21,000円 ~ 21,800円
レンジ継続 →
相場を振り返り、今後の為替と日経平均株価の状況をスケロク的に見解いたしま~す! 

昨日の為替ドル円ですが、一気に107.00円台まで上昇してタッチしています。北朝鮮のロケットマンは中国に電撃訪問し、地理的リスクが緩和される方向でドル高になっております。

昨日の日経平均株価は為替につられて、21400円台まで推移しました。トランプ大統領のアマゾンに対して課税強化をする発言があり、アマゾン株が急落しています!

本日の強気のポジション戦略はこれだ!

為替ドル円のポジション戦略!

本日の為替ドル円の戦略は、順張りでロングでよろしいかと思われます。

日経平均株価のポジション戦略!

本日の日経平均株価の戦略は、米国のアマゾンの課税は直接日本のアマゾンには影響がないと思いますが、今週のところはレンジ状態でいくと思われます。

※ あくまでもスケロク予想なので、ポジション取りは自己責任でお願いします。



本日のぴったんこテクニカル「お天気シグナル」

本日のぴったんこテクニカル「未来チャート」



今日の為替:外為どっとコム総合研究所:提供

3/29
今日のドル/円の予想レンジ:106.200-107.500円昨日のドル/円は大幅に反発した。
北朝鮮情勢が改善したと受け止められた事や米国内総生産(GDP)の上方修正などを手がかりに107円台にワンタッチした。
週末・月末・四半期末を前に投機筋がドル売り・円買いポジションの解消を余儀なくされたとの見方もある。
なお、明日30日はほとんどの主要海外市場が休場のため、海外勢にとっては本日が実質的に月内最終日となる。
もう一段の買い戻しが入ってもおかしくないタイミングであろう。
ドル/円の次の上値メドは13日に付けた月初来高値の107.29円前後と週足一目均衡表の転換線107.55円前後となる。
ただ、世界的に株価が不安定化しており、市場の不安心理を示すVIX指数も22台で高止まりしている。
連休を控えた海外株式市場の動向には注意が必要だろう。



本日 相場見通し 岡三証券

■海外市場動向
主要3指数は揃って続落。寄り前発表の10-12月期実質GDP(確定値)が市場予想を上回ったほか、北朝鮮をめぐる地政学リスクが後退したことなどを好感し、NYダウは小幅に上昇してスタート。ただ、前日の弱い地合いを引きずったテクノロジーセクターが軟調な滑り出しとなったことで、ナスダック指数は売り優勢となった。トランプ大統領がアマゾン・ドット・コムに対して課税強化を検討していると、一部メディアが報じたことで同社株は一時7%以上下落。午後にかけてNYダウは、インテルやキャタピラーなどに売りが入ったことで下落に転じる場面があったが、その後金融株などが上げ幅を拡大したことで一時200ドル以上上昇。終盤にかけては、目新しい材料がないなか、前日終値付近で一進一退の値動きとなった。最終的に主要3指数は小幅ながら揃って続落して取引終了。

■円安進行で反発スタートへ。買い一巡後は上値重いか
本日の日本株式相場は円安進行などが好感され、反発して取引を開始しよう。昨日は配当落ち分の約160円こそ埋め切れなかったものの、終値で21,000円台を回復するなど引け味は悪くなかった。また、ドル円相場が一時1ドル=107円台と約2週間ぶりのドル高・円安水準まで回復した点が支援材料となりそうだ。

■全体相場上昇のきっかけが掴みきれないなか、個別材料で選別したい
目先は全体相場上昇のきっかけが掴みきれないなか、今後は徐々に個別材料で選別が進みそうだ。昨日通期業績計画が保守的とみられ買われたニトリHD(円高メリット銘柄、通期想定レートは111円/ドル)や、野村HDとの証券参入が伝わるLINEなど、注目できよう。また、規模別指数で優勢の小型株ではトリケミカル、シグマクシス、フジシール、島精機など値保ちがよく、追随していきたい。

↓ぽちっとして頂ければすごくうれしいです!

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク