スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ本、第二弾  僕の死に方 エンディングダイアリー500日 金子 哲雄 (著)

余命ゼロの難病にかかってしまい、すべての大病院から見捨てられるという不運、しかし最期まで寄り添ってくれる妻と、死期が近づいても生きがいである仕事を提供する雑誌社、終末期医療のスペシャリストが居て、それらに支えられながら必死で最期まで生き抜いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク